交通事故が起こったら慰謝料請求するべき|弁護士に依頼

生命保険を利用した対策

男の人

節税効果と納税資金の確保

相続税法の改正が行われ、相続税の申告をする必要がある者が増加しています。相続税対策に有効なのが、生命保険契約です。被相続人を被保険者にした生命保険契約を結ぶことで、節税対策と納税資金の確保を行うことができます。生命保険の保険金については、相続人一人当たりの控除額が500万円ありますので、節税になります。法人組織で代表者を被保険者として生命保険契約を結ぶ場合があります。生命保険の保険料は、法人の経費として損金経理ができます。代表者が死亡した場合には、保険金として法人が受け取ることになります。法人が受け取った死亡保険金は収入として計上されますが、死亡退職金として遺族に支給することで損金に算入することができます。死亡退職金も生命保険金と同様に相続人一人当たりの控除額が500万円ありますので、高い節税効果があります。東京都の人口はおよそ1300万人とも云われ、多くの人が居住しています。東京都内の土地は、他の地域に比べて非常に高いものとなっています。東京都内では、毎日、多くの人が亡くなっており、そのうちの何人かは相続税の申告をする必要があります。東京都内には、相続問題を専門にする税理士やフィナンシャルプランナーなどが多数事務所を設置しています。相続問題では、遺言状の作成や遺産分割協議書の作成などの法律的な問題が生じます。これらの法律問題については、税理士やフィナンシャルプランナーが提携している弁護士や司法書士に相談することができます。