交通事故が起こったら慰謝料請求するべき|弁護士に依頼

スムーズに解決できます

ミニカーと人形

生活再建に役立ちます

交通事故で被害にあった際は相手側の保険会社から賠償金が支払われます。この賠償金にはケガの治療費や休業補償をはじめ慰謝料などが含まれます。これらの賠償金は自賠責保険から一定額が支払われることになりますが、それ以上は保険会社の負担となるため保険会社は何とかして支払額を安く抑えようとします。なかには悪質なケースもみられるので不審に感じた場合は弁護士に相談しましょう。大阪の弁護士会では交通事故の被害者救済に力を入れています。電話やメールで相談すれば交通事故に強い弁護士をすぐに紹介してくれます。交通事故で最も不満が多いのが後遺障害に対してです。交通事故では痛みが続くことや回復不能な障害を負っているにもかかわらず、保険会社が適切な賠償金の支払いを渋るケースが相次いでいます。このようなケースでは訴訟を起こして正当な賠償額を請求する必要があります。大阪の弁護士に相談すれば訴訟を起こす際にもスピーディーに対応してくれます。事故状況の確認から医師へのヒアリングをはじめとする様々なデータを集めたうえで訴訟に臨むので、短期間で勝訴を勝ち取ることができます。また大阪の弁護士に相談すれば保険会社が提示する示談金もより多く獲得できます。一般的な相場よりも高く請求できるので弁護士費用も十分に賄えます。交通事故では多額の治療費などが必要となりますが、大阪の弁護士に相談することで生活再建もしやすくなるなど様々なメリットを享受できます。