交通事故が起こったら慰謝料請求するべき|弁護士に依頼

実は損をしている

事故車

存在する3つの基準

交通事故の被害に遭った場合、加害者側から当然、慰謝料が支払われることになります。そこに至るまでには被害者側と加害者側で交渉が行われることになりますが、任意保険に加入している場合、その交渉には通常、被害者本人はノータッチであり、被害者に代わって保険会社が加害者側と交渉をします。交通事故後の慰謝料に関する交渉は、おそらく面倒なことになりますから、それを代わりに行ってくれる保険会社は非常に有難い存在だと言えます。そして、そのことが任意保険に加入するメリットの1つだとも言えます。しかし、交通事故の慰謝料を保険会社任せにしてしまうと、実は損をしてしまっているのです。正確に言うと、もっと慰謝料をもらえるのに、もらえないという事態になってしまっています。というのは、交通事故の慰謝料には基準があり、しかも基準は3種類あります。3種類の基準とは、慰謝料の低い方から自賠責保険基準、任意保険基準、弁護士基準であり、保険会社が交渉で決めるのは、任意保険基準の慰謝料となります。そういうことですから、慰謝料に不足を感じるのであれば、保険会社に任せないことです。では、どうすれば良いのかというと、弁護士基準と言うくらいですから、弁護士に任せれば良いのです。もっとも、弁護士に任せなくても、自ら交渉することは可能です。ただ、加害者が任意保険に加入していれば、交渉相手は保険会社となり、保険会社は交渉のプロですから、相手が有利な交渉になる可能性が高いと言えます。よって、弁護士に任せることが賢明な判断なのです。

男の人

生命保険を利用した対策

相続対策として有効なのが生命保険契約です。生命保険は、節税効果とともに納税資金を確保することができます。法人組織で代表者に生命保険契約を結ぶことで、死亡退職金を支給することができます。東京都内には、相続問題を専門にする税理士やフィナンシャルプランナーが複数事務所を設置しています。

ミニカーと人形

スムーズに解決できます

大阪で交通事故に遭った方は弁護士に相談するのが得策です。大阪の弁護士に相談すると訴訟も踏まえた確実な対応を行ってくれます。また、十分な賠償金を得ることができるので、その後の生活を再建することもよりスムーズに進めることができます。

スーツの人

相続の相談は専門家が一番

相続に関して困っていることがあれば、相続専門の弁護士へ相談していくのが一番です。弁護士にも得意分野がそれぞれあり、特に複雑になりやすい相続トラブルは長年の経験や知識が左右します。相続専門の弁護士は依頼者やその相手にとって一番いい方法を考えてくれるため、早いトラブル解消につながります。